見栄えの良いインテリアコーディネートはプロに依頼してみよう

Interior coordination

リビングが狭く感じるようになった時のインテリアのコツ

昔はそれほど狭く感じなかったリビングが、十数年も経つと、不思議と狭く感じるようになることがあります。時が経つにつれ、物が増えてしまったことが原因で狭く感じるようになった場合や、子供が大きくなり、家族がリビングに集まると、空間が人でいっぱいになり、窮屈に感じるようになったということもあると思います。
原因はさまざまだと思いますが、リビングが狭く感じるようになったときにできるインテリアのコツがあります。同じ広さで同じ空間だったリビングが、見違えるほど広く感じるようになるのです。インテリアコーディネートを依頼すれば、そんなリビングのお悩みを解決する提案をしてくれます。例えば、リビングの家具を総入れ替えし、全体的に低い家具を置くようにする、または濃い色合いのリビングだった空間を、白やベージュなどに変更して、視覚的に空間を明るく広く見せる方法など様々な方法があります。
インテリアコーディネートを依頼すれば、素人ではなかなかわからなかった原因から対策して解決に導き、新しい提案を提供してくれるのです。予算に合わせてインテリアコーディネートを考え、リビングの悩みを解決してくれるので、安心して依頼することが可能です。

介護に便利なインテリアのコツを専門家の視点からアドバイス

親の介護を自宅ですることになり、介護する側にとっても、される側にとっても、よいインテリアに変えたい時に、自分たちでは思いつかないような視点でインテリアコーディネートを考えてくれるのが、インテリアコーディネーターです。なるべく今ある部屋の状態で、介護にとって便利なインテリアを希望したとします。寝たきりの親もさみしい思いをせずに、家族の声がいつも聞こえるような場所で、水回りのそばに介護用のベッドを置きたいと考えても、素人ではどんなインテリアにすればいいか、わからないものです。そんな時にインテリアコーディネートを依頼すれば、専門家ならではの視点から、アドバイスをしてくれます。
介護には介護用のお部屋にベッドを配置してと考えますが、もし広めのリビングであるならば、ベッドを思い切ってリビングに置いてみることが考えられます。ベッドのそばにパーテーションを設置して、空間に区切りをつければ、介護側もされる側もほどよい距離感が保てて、水回りもそばにあるので介護が楽にもなります。
インテリアコーディネートの依頼をすれば、そんな専門家ならではの視点からインテリアコーディネートのコツをアドバイスしてくれるので、低予算であったとしても、理想を叶えることが可能になります。家族の抱えるお悩みや、部屋の状態、予算などを含めて、さまざまな提案をしてくれるので、安心して依頼することができるでしょう。

誰でもできるインテリアのコツ!使う色を3色にまとめよう!

どんなお部屋にしようか誰しも理想を持って、夢は膨らむかと思いますが、実際にインテリアコーディネートをしようとするとなかなか難しいもの。そこでお伝えしたい簡単なコツの一つが、使う色を3色にまとめるということです。なぜ3色かというと、1色では立体感がなく無機質で寂しい印象に、2色では対象的になりなんだか落ち着かない印象に、3色で初めて立体感が出て安定した空間ができます。また、3色までであれば、どんな色を組み合わせてもそれなりにまとまりがでます。
色味はお好きなものでいいですが、間違えがないのはやはり、壁の色、床の色に合わせることです。そこに植物で緑を足したり、自分の好きな色を一色決めて足すというインテリアコーディネートがオススメです。自分でできる方法として取り掛かりやすいのはこの3色ルールですが、やはりずっと長く暮らすお部屋だからこそ、一度はインテリアコーディネートをプロに依頼してみるのも方法です。
インテリアは見た目だけでなく、そこで暮らすためのスムーズな動線の検討、本当に必要な家具の選定、これらも重要なポイントだからです。動線などはやはりプロに依頼し検討してもらうのが一番です。多くの経験から、あなたの暮らしにあったコーディネートを提案してくれます。是非一度、インテリアのプロに依頼し相談してみてはいかがでしょうか。


オフィスや民泊、お家以外のコーディネートでも多くの実績を積んできている『スピカ』はその実績と経験を活かしインテリアコーディネートを東京で依頼をご検討の皆様が必ず満足のいく結果を出してくれます!

家族みんながくつろげるリビングでのインテリアの配置

お家のリビングは家族みんなが過ごす中心の場所となるところですし、テレビやソファーを置いたりもするので色やレイアウトなどを考えるのも難しいところです。家具は一度置いてしまうと後から配置を変えるのも…

VIEW DETAIL

暮らしに寄り添うインテリアならプロに依頼してみるのもオススメ

近年は100円ショップをはじめ多くの雑貨屋さんで多くのインテリア雑貨が扱われ、様々な年代の方がインテリアコーディネートを楽しんでいます。インテリアコーディネートのテイストも毎年様々な流行が発信さ…

VIEW DETAIL

インテリアを使いこなしオシャレな家に見せる

インテリアと聞くとアンティークなものや、花瓶など高価なイメージがあり、小さな子供がいる家などはあまり置けない印象がありますが、実はインテリアを使って簡単にお家の中をおしゃれにすることが可能です。…

VIEW DETAIL

オシャレなインテリアにしたい!でもどうすればという方へ

お部屋の雰囲気はインテリアコーディネートによって決まります。でも気がついたら棚、ライト等の系統バラバラという事態に陥りますよね。どこから手を付けていいものか分かりません。そこでちょっとしたコツを…

VIEW DETAIL